創造都市・浜松

CLOSE

  • HOME
  • 浜松の音楽文化

浜松の音楽文化

文化事業

浜松市では、国際音楽コンクール世界連盟に加盟する「浜松国際ピアノコンクール」「静岡国際オペラコンクール」が開催されています。また、「浜松吹奏楽大会」「バンド維新」など特色ある音楽事業が多く開催されています。

伝統音楽

浜松市北部には、神楽や田楽、ひよんどりや、おくないなどの 祭礼、農村歌舞伎などが伝承され、 全国的に貴重な伝統芸能の宝庫となっています。 浜松市楽器博物館では、こうした地域の伝統芸能を 映像と音で記録し、保存する作業も進めています。
伝統音楽は学校教育の中でも教えられていますが、 祭礼や伝統行事に使われることが多いため、ほとんどが コミュニティで伝承され、祭りの日が近くなると 神社や公民館に集まって練習する姿が見られます。

人材・団体・拠点

浜松市では豊富な音楽人材を活用して、 地域や学校に指導者や演奏家を派遣しています。 浜松市合唱連盟への加盟団体は約190、 浜松市吹奏楽連盟への加盟団体数は約100と、 多くの音楽団体が活動しています。
活動拠点としては、日本で初めて四面舞台が設置された アクトシティ浜松のほか、多くの施設があります。

教育・人材育成

静岡文化芸術大学では、アートマネジメントなどの講義により、 演奏会の企画運営やホール運営に携わる人材を育成しています。
その他にも、音楽に関する多彩な教育プログラムがあります。 浜松市文化振興財団の教育プログラム 「浜松市アクトシティ音楽院」では、 「浜松国際ピアノアカデミー」「浜松国際管楽器アカデミー」や、 「主催者育成セミナー」などを開催しています。

PAGETOP

Facebook

Copyright© Creative City Hamamatsu All rights reserved.

Webサイト制作・管理会社 有限会社ウルトラワークス