トピックス

地域資源2021.06.09

開館!サーラ音楽ホール

令和3年6月1日、浜松市北区新都田に新しい音楽ホール「サーラ音楽ホール」が開館しました!「サーラ音楽ホールってなに?」という人のために、今回は開館したばかりのサーラ音楽ホールの概要を紹介します!

▲サーラ音楽ホール

 

サーラ音楽ホールは、「市民の音楽文化活動の促進」「次世代の音楽文化の担い手となる人材の育成」の2点を目的としています。学生や市民の音楽活動の拠点、発表の場となることを想定しており、そのための機能があちこちにちりばめられています。

 

▲1階ロビー

 

▲ホール

 

[ホール]

まずはじめに、サーラ音楽ホールのメイン機能であるホールです。客席数は1,414席(うち車いす席が8席)。アクトシティ浜松大ホールに次ぐ、市内で2番目の大きさです。大きなホールでは後方席で舞台が遠くなってしまうケースもありますが、このホールは2階席一番後ろの席でも舞台を近くに感じることができるよう配慮された設計になっています。

 

このホール最大の特徴は、なんといってもその音響設備です。サーラ音楽ホールは縦型(シューボックス型)の空間で、音響性能は全国的に見ても非常に優れたものに仕上がりました。側面には吸音カーテンが設置され、カーテンの開け閉めで響き方を変えることができるので、演奏する楽器や編成によって最適な音響環境を選ぶことができます。

 

なお、ホール裏には、搬入口が2ヶ所設置されているため、スムーズな搬入出が可能です。搬入出が繰り返される大規模な大会であっても運営しやすいよう、シンプルで使いやすい導線になっています。

 

▲開閉可能な吸音カーテン

 

 

[多目的室]

ホールのすぐ隣には、リハーサルや日々の練習に使っていただけるように3つの多目的室(多目的室1、多目的室2、多目的室3)を用意しています。

多目的室1、2はホール舞台と同じ広さ(198㎡)を確保しており、防音遮音に優れ、本番を想定した練習が可能です。部屋にはYAMAHA、KAWAIのグランドピアノも設置されており、お好みに合わせてご利用いただけます。また、多目的室1には鏡やダンスバーが設置されているので、ダンスや舞踊の練習にもお使いいただける部屋になっています。

多目的室3は、多目的室1、2よりは少し小さくなります(150㎡)が、昇降式スクリーンや移動プロジェクター、机・椅子が完備されていて会議やセミナー、講習会等にも使用することができます。また、ご使用の内容や規模に合わせてパーティションで2つの部屋に分けることも可能です。

 

▲多目的室1

 

 

ホールだけではなく多目的室を含む全ての部屋でオンライン配信ができる環境が整っています。

新東名高速道路浜松スマートICから約7分とアクセスは抜群!駐車場は約450台。

日頃から活動をされている方はもちろん、音楽等舞台鑑賞がお好きな方、たまたまお近くにお越しになった方も大歓迎です。

ぜひ、サーラ音楽ホールへ足をお運びいただき、新しいホールをお楽しみください。

 

サーラ音楽ホール:https://www.hcf.or.jp/facilities/music-hall/

 

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

ARCHIVE