• HOME
  • 浜松について

浜松について

1. ご挨拶

未来へかがやく創造都市・浜松

浜松市長 鈴木 康友

浜松市では、都市の将来像に「市民協働で築く『未来へかがやく創造都市・浜松』」を掲げるとともに、平成25年3月には「『創造都市・浜松』推進のための基本方針」を策定し、創造都市政策を進めてまいりました。

また、平成26年12月にはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)創造都市ネットワークの音楽分野に、アジアで初めて加盟しました。楽器産業の集積を基盤とした「浜松国際ピアノコンクール」や「アクトシティ音楽院」など各種ソフト事業、世界各地の楽器を偏りなく収集・研究する楽器博物館、そしてなにより市民の皆様の熱心で活発な音楽活動が高い評価を得たものです。

現在、浜松市では音楽事業に限らず、アーティストやクリエイターが地域の活性化に取り組む活動事例が数多く生まれています。「地域固有の文化や資源を活かした創造的な活動が活発に行われ、その活動が新しい価値や文化、産業の創出につながり、市民の暮らしの質や豊かさを高めていく」創造都市の考え方は、都市部から中山間地域まで広大な市域を持つ浜松市にあって、地域社会の多様な課題を市民協働で解決し、さらに地域の魅力を磨くための原動力ともなります。

今後は、創造都市としての都市ブランドや国内外のネットワークを活用して、他の創造都市との交流や人材の育成を図り、関連産業の振興も含めた浜松市のさらなる発展につなげてまいります。

浜松市長 鈴木 康友

「創造都市・浜松」の実現にむけて

会長 宮田 圭介

浜松市創造都市推進会議は、「創造都市・浜松」の実現をめざして産学官民の連携を図る組織として、平成27年度から5か年にわたる「「創造都市・浜松」推進アクションプログラム」を通じて、私たちが浜松市で暮らす豊かさを高める、様々な主体による取り組みを促進してまいりました。

ユネスコ創造都市ネットワーク加盟により国際交流が増えて、市民団体の創造的活動の積極性と水準が高くなりました。同時に、それらの活動を支援する環境整備をさらに強化していく必要性があると感じております。従いまして、令和2年度から、さらに浜松市が魅力ある創造都市となるよう新たな取り組みを進めてまいります。

デザインの世界では、“モノ(製品)のデザイン”と“コト(体験)のデザイン”の関係性が話題になります。浜松市は「ものづくりのまち」として“製品のデザイン”活動には昔から定評はありますが、さらに“充実した豊かな体験のデザイン”活動を推進して強化できれば、より創造性豊かな都市に変貌していくと考えます。

浜松市創造都市推進会議では、文化的にも経済的にも豊かな「創造都市・浜松」の永続的な発展をめざして、浜松固有の文化を生かした創造都市活動を促進してまいります。

会長 宮田 圭介

2. 浜松の概要

面積:1,558.06㎢ / 人口:約800,000人

浜松市は富士山のある静岡県に属します。東京と大阪の中間に位置し、古くから人や物が行きかう地域であったため、他地域の文化や人材を受け入れる自由な風土と自主独立の気風が育まれました。この環境のもとで、楽器産業をはじめ、オートバイや自動車など、さまざまな産業において世界的な起業家や発明家が誕生しました。

3. 浜松市創造都市推進会議

(1) 設置目的

「『創造都市・浜松』実現のための基本方針」の理念にのっとり、本市における多様な主体による創造都市の取組を支援するとともに、国内外の創造都市との交流・連携を進め、『創造都市・浜松』の発展を図ります。

(2) 組織の構成

〈 専門部会の設置 〉

  • 推進会議内に創造都市推進に向けた具体的な事業について企画するための組織を設置。
  • 平成26年度から平成27年度まで音楽専門部会を設置。

(3) 事業

浜松市創造都市推進会議では、以下の事業を行います。

  • ①基本方針の理念に則した事業計画の策定及び
    進捗管理に関すること
  • ②国内外の創造都市との連携・交流に関すること
  • ③創造都市の担い手研修や人材育成に関すること
  • ④創造都市施策についての調査・研究、提言に関すること
  • ⑤『創造都市・浜松』の情報発信に関すること
  • ⑥その他、会議の目的に資する活動

(4) 委員構成(令和3年6月8日現在)

平成26年4月発足

※横にスワイプで表をご覧いただけます。

氏 名 分 野 選出母体・役職
会 長 宮田 圭介 大学 静岡文化芸術大学・デザイン学部長
副会長 中村 公彦 行政 浜松市・市民部文化振興担当部長
委 員 寺田 聖子 関係団体 浜松市文化振興財団・常務理事
井熊 正浩 産業 浜松商工会議所・情報文化部会 部会長代行
桧森 隆一 市民団体 浜松創造都市協議会・理事
前田 忍 関係団体 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー・理事・事業本部長
藤野 仁 行政 浜松市・産業部長
監 事 谷川 真美 大学 静岡文化芸術大学・文化政策学部教授
鈴木 秀司 行政 浜松市・産業部観光・ブランド振興担当部長

4. 音楽専門部会(平成26年度から平成27年度まで設置)

(1) 部会検討課題

音楽創造都市を目指す浜松市の課題・可能性等について3つの側面から議論を行いました。

  • ①音楽文化の振興
  • ②音楽産業の振興
  • ③音楽人材の育成

(2) 委員構成

平成26年4月発足

※横にスワイプで表をご覧いただけます。

氏 名 分 野 選出母体・役職
梅田 英春 大 学 静岡文化芸術大学 文化政策学部芸術文化学科教授
峯  郁郎 大 学 静岡文化芸術大学 デザイン学部生産造形学科教授
中村 勝也 産 業 ヤマハ株式会社 人事・総務部副部長
金子 和裕 産 業 株式会社河合楽器製作所 取締役・常務執行役員
相原  靖 産 業 ローランド株式会社 コミュニケーション統括部長
岡部 比呂男 市民音楽活動 公益財団法人浜松交響楽団 副理事長
小林 昌史 市民音楽活動 浜松フィルハーモニー管弦楽団 常務理事・事務局長
土屋 史人 市民音楽活動 浜松市吹奏楽連盟 副理事長、
浜松海の星高等学校吹奏楽部音楽監督
初村 則子 市民音楽活動 浜松市合唱連盟副理事長、
浜松ライオネット児童合唱団 団長・指揮者
清水 和宏 市民音楽活動 やらまいかミュージックフェスティバル実行委員会代表役員
ドルチェ・ウィンド・オーケストラ 音楽監督
高橋 由美子 市民音楽活動 浜松学芸高等学校 芸術科講師、
アクトシティ音楽院主催者育成セミナー講師
伊熊 元則 関係団体 静岡文化芸術大学 理事
後藤 康志 関係団体 公益財団法人浜松市文化振興財団 文化事業課課長
嶋  和彦 関係団体 公益財団法人浜松市文化振興財団 楽器博物館館長