創造都市・浜松

CLOSE

  • HOME
  • トピックス
  • 浜松を変える若者たちの声[前編]浜松若者社中 浜松若者会議マネージャー / 鈴木崇斗さん

トピックス

2019.03.26

浜松を変える若者たちの声[前編]浜松若者社中 浜松若者会議マネージャー / 鈴木崇斗さん

今、浜松で起きている面白いこと。
まだ、小さなムーブメントかもしれないけれど、
なぜか惹きつけられてしまう不思議な魅力がある。
その秘密を探ってみると、「創造都市・浜松」の明日のカケラが見えてくるかもしれない。

 

~あなたの身近に、応援したい若者はいますか~

 

その6

 

物心ついた頃からインターネットが当たり前にあり、動画サイトやSNSでコミュニケーションする10代から20代の若者たち。そんな新しい価値観を持つ世代の活躍がニュースになることも少なくありません。社会の課題を解決するために、若い世代の視点や価値観が求められています。今回は浜松を拠点に25歳以下の社会人や学生たちが集まり、地域活性化に取り組む「浜松若者社中」の運営メンバーとして中心的な役割を担っている鈴木崇斗さんを訪ね、活動に対する思いなどを伺いました。

 

IMG_8237

▲「浜松若者社中」鈴木崇斗さん

 

地域に目を向ける仲間を増やす

 

ーーまずは「浜松若者社中」について教えてください。

 

(鈴木)「浜松を若者の熱意があふれる町に」をビジョンに掲げ、2016年11月、学生や社会人が中心となって立ち上げたコミュニティです。「若者の社会への関心を引き出し、若者の挑戦を生み出すプラットフォームになる」をミッションとして活動をしています。条件は25歳以下であること。現在は社会人や学生を中心に、一番下の年齢では、中学生も参加しています。

 

ーー具体的にはどのようなことをしているのですか?

 

(鈴木)最初に、若者が熱意を発揮して社会に良い影響を与えるための5つのステージを考えました。

1つめのステージ 「社会への無関心」
2つめのステージ 「社会に対して関心がある」
3つめのステージ 「社会に対して自分の考えを持っている」
4つめのステージ 「社会に対して自分の考えを実行している」
5つめのステージ 「社会に対して好影響を与えている」

それぞれのステージへと成長してくために4つのステップを設けています。

 

ステップ

▲5つのステージと4つのステップ(浜松若者社中のウェブサイトより)

 

ーーどのように段階を踏んでビジョンに近づいていくか、しっかりと考えられているんですね。それぞれのステップについて、詳しく教えていただけますか。

 

(鈴木)ステップ1は社会啓発として、大学へ行って学生たちに僕たちの活動をプレゼンテーションしたり、社会課題に対して気軽に話せるBBQを開催したりしています。あと、「ワカセイッ!! 若者×政治」と題して、静岡県議会議員や浜松市議会議員の方をお招きし、若者と一緒に静岡の未来を話し合う場を設けました。

 

その7

▲車座になって議員の方々と意見を交換する

 

(鈴木)ステップ2としては、社会への関心を自分の考えにしてもらうため、定期的に「浜松若者会議」というワークショップを開催しています。「若者の情報発信」などといったテーマを設けグループワークを行い、課題解決策を導き出すもので、25歳以下であれば誰でも自由に参加できます。浜松市内の人だけでなく、県外から参加してくれる人もいます。

 

その2

▲浜松若者会議の様子

 

(鈴木)ステップ3は、浜松若者会議で提案されたプロジェクトに対して、有志が集まり実行する「プロジェクトX」です。これまで、「#浜松#アトランチ」や「隔週刊若者社中」といったプロジェクトが生まれました。さらにステップ4として、動き出したプロジェクトの成果を最大化させるため、みんなで集まり、企画のブラッシュアップをする「アクセル」というものがあります。

 

ーー参加者の関心度に応じた活動をしているのですね。25歳以下の若者が参加しているとのことですが、どのような方がいるのですか?

 

(鈴木)社会人と大学生からなる運営メンバーが10人ほどいます。動き出した有志のプロジェクトをサポートする他、浜松若者会議のファシリテーター役を担当します。浜松若者会議は社会人や大学生だけでなく、高校生や中学生も参加しています。学生団体と言うより、若者団体の方がいいかもしれませんね。

 

ーー浜松若者社中が「浜松を若者の熱意があふれる町に」というビジョンに向かい、4つのステップを具現化した活動を通じて、地域に目を向ける仲間を増やしていることが分かりました。後編では、鈴木さんの活動に対するモチベーションや、これからの夢について伺います。

 

浜松若者社中 鈴木崇斗
浜松学院大学 現代コミュニケーション学部 地域共創学科 地域政策専攻。学生団体「やまびこチャレンジ」を創設。以降、√173、タベボラなど、社会課題に取り組むさまざまな活動に関わり、2016年に浜松若者社中に参加。現在、浜松市市民協働センターでアルバイト職員として、中山間地域を担当する。趣味は野球とバイクツーリング。
浜松若者社中 http://hamawaka.jp/

PAGETOP

Facebook

Copyright© Creative City Hamamatsu All rights reserved.

Webサイト制作・管理会社 有限会社ウルトラワークス