創造都市・浜松

CLOSE

ご挨拶

浜松市長 鈴木 康友

未来へかがやく創造都市・浜松

浜松市では、都市の将来像に「市民協働で築く『未来へかがやく創造都市・浜松』」を掲げるとともに、平成25年3月には「『創造都市・浜松』推進のための基本方針」を策定し、創造都市政策を進めてまいりました。

また、平成26年12月にはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)創造都市ネットワークの音楽分野に、アジアで初めて加盟しました。楽器産業の集積を基盤とした「浜松国際ピアノコンクール」や「アクトシティ音楽院」など各種ソフト事業、世界各地の楽器を偏りなく収集・研究する楽器博物館、そしてなにより市民の皆様の熱心で活発な音楽活動が高い評価を得たものです。

現在、浜松市では音楽事業に限らず、アーティストやクリエイターが地域の活性化に取り組む活動事例が数多く生まれています。「地域固有の文化や資源を活かした創造的な活動が活発に行われ、その活動が新しい価値や文化、産業の創出につながり、市民の暮らしの質や豊かさを高めていく」創造都市の考え方は、都市部から中山間地域まで広大な市域を持つ浜松市にあって、地域社会の多様な課題を市民協働で解決し、さらに地域の魅力を磨くための原動力ともなります。

今後は、創造都市としての都市ブランドや国内外のネットワークを活用して、他の創造都市との交流や人材の育成を図り、関連産業の振興も含めた浜松市のさらなる発展につなげてまいります。

浜松市長 鈴木 康友

会長 伊豆 裕一

「創造都市・浜松」の実現にむけて

“デザイン”という言葉のもつ意味には、製品の色や形、質感をあらわす“成果物としてのデザインと、人間の創造的活動そのものをあらわす“行為としてのデザイン”の二つがあると考えられます。“行為としてのデザイン”は、近年、「デザイン思考(Design Thinking)」とも呼ばれ、問題点の発見、プロトタイプの作成、解決策の提示からなる課題解決の方法として、ビジネスにも応用できると注目を集めています。

創造的な問題解決の過程である「デザイン思考」は、「創造都市」が単なる芸術文化の盛んな都市を意味するのではなく、「文化と産業における創造性に富み、世界や地域社会の課題に対して創造的問題解決を行えるような『創造の場』に富んだ都市」であるとする考え方にも通じるところがあります。

浜松市創造都市推進会議は、「創造都市・浜松」の実現をめざして産学官の連携により発足しました。少子高齢化を迎え、大量生産・大量消費から少量でも付加価値の高いものが選択される時代へと変貌しようとしている日本にあって、創造都市実現に向けた取組みは極めて重要です。

浜松市創造都市推進会議では、文化的にも経済的にも豊かな「創造都市・浜松」をめざし、音楽分野のみならず、様々な創造都市活動を促進して参ります。

会長 伊豆 裕一

PAGETOP

Facebook

Copyright© Creative City Hamamatsu All rights reserved.

Webサイト制作・管理会社 有限会社ウルトラワークス